新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

よくある女子プロ選手の間違ったスイング 完全論破編

スポンサーリンク
テニス
Youtubeで 女子プロ選手がボールより腰の位置を落として打球する(ストローク)といってましたが。。

アンモナイト打法

といってることが

逆ですよね??

 

アンモナイト打法:体の上下動が一切ないスイング。大きな円から小さな円にくるっと巻いてしまう打法。
見ていただいておわかりの通り、
アンモナイト打法は上下動は
一切ありません。
真ん中の写真は止まっているように写っていますが、マンブリしています。信じられないくらい上下動しません。
野球でいうところの
落合選手の神主打法と
同じです。
後日説明させていただきますが
アンモナイト打法は天才打者である
落合選手の神主打法と同じです。
王選手の打法とは逆になります。
女子プロ選手と私の提唱するアンモナイト打法
真逆です。

どっちかが間違って

いるのでしょうか?

 

ですね!

 

女子プロの選手に

多い間違いです。

プロがいうと反響が大きく

このyoutubeいいねと

回覧されてきたくらいです。

プロが言っているのだから正しいはず??
そんなことはありません。
打球するときにボールより腰の位置を落とす必要はありません。Neverであり、Don`tです。
理由
1.いちいち積極的に腰おとしていたら3セット戦えません。
2.以降は本格的に論破します。
理由2:腰おとして伸び上がるスイングの欠点
これまでも何度も何度も何度も
指摘してきましたが
伸び上がるスイングでは
ヘッドが走りません。
伸び上がるとヘッドが走るタイミングを
逸してしまいます。
体の上下動と一緒にラケットヘッドが
連動してしまうので
ヘッドだけ走らせることができないんです。
一緒にうごいてしまうんです。
伸び上がりをとめた瞬間
ヘッドだけ走っていきますよね。
簡単にわかりますよね。
アンモナイト打法は、伸び上がるどころか体は打球方向にわずかですが沈み込こみます
ではここから完全論破します。
理由2:テイクバックの位置が違う。
アンモナイト打法のテイクバック完了の瞬間はこちらです。
ラケットたってますよね。
そこから、ラケットの重さを利用しながら
そのままおろしてきます。
女子プロ選手のテイクバックは、やはりでした。。。。
女性プロの選手に非常に多いのですが
テイクバックが低い、
手首の位置が腰下くらいでした。

テイクバックの位置が

低いとなぜいけないのですか?

我流ポイント! テイクバック完了とフォロースルーの通過点は同じ高さであるべき
下の図は振り子です。
振り子の原理は:おもりを持ち上げたところから、一旦下を通過し、最後また同じ高さに
戻ってきます。
高→下→高です。
同じ高さに戻すことが理にかなってます。

楽に持って来れます

しかしながら、女子プロ選手の沈み込んでから伸び上がる打法、
ボールの高さより、腰を落とすという打法では
案の定でしたが、
テイクバック完了時点の手首の位置が
腰下でした。。。
これだと
手首の位置 中→下→高です。
振り子の原理に反します。
反するということは
力の抜けがある。
パワーロスがあるということです。
それを補うなら、力をいれるしかないですが
肘怪我します。

アンモナイト打法は 手首の位置 高→下→高です。振り子と同じです。パワーロスがありません。
テイクバックとフォロースルーは同じ高さに戻ってきます。何度も言います、パワーロスがありません。
ちなみに声を小さくしていいたいんですが。。。
皆さん人気の○田テニス、私も大変尊敬しています。
でも、
テイクバック完了ポジションから、一旦手首を腰位置におとすときにパワーロスが発生してしまうんです。
もったいないです!
注意:アンモナイト打法も、テイクバックから下ポジションにいくまではほとんど力は入りません。自然です。
それでも自然に下にもっていく力は利用できます。
フォロースルーするときの遠心力に生きてきます。

本日のまとめ

 

1.伸び上がることでヘッドが走っていない
2.テイクバックのポジションが低いためパワーロスが発生
なぜ、そのような打ち方になってしまったのか。
膝をまげて伸び上がって打つことで
スピンがかけやすくなったんだと
思います。
おそらく、うまいことボールに力が
伝わらずスピンが苦手だっとと推察されます。
ある時コーチからもっと膝の曲げ伸ばしを
使うようにと言われたんだと思われます。
それでうまくいった、
そしていままでずーっとそれで打ってきた
だからYOUTUBEでのせた。
安定性を優先しすぎてスピードが犠牲になっていました。
だったら安定性もスピードも兼ね備えたアンモナイト打法をおすすめしたいくらいです。
アンモナイト打法が高→下→高である以上、安定も抜群です。
そして最後に最大の矛盾:低いボールは、腰をさらに下げることは不可能ですね。
その時はこっちの方法でということになるんでしょうが
一貫していません。矛盾ということになります。
素人の我々はYOUTUBEで学ぶべきところが
たくさんありますが、
まちがった説明もいっぱいあります。
自分がいままでうってきたから正しいというのは全く根拠がありません。
女子プロ選手はこれまでのスイングを疑うべきです。
安定性を求めすぎた結果であって、
間違いです。
科学的に検証したら
ヘッドスピードが遅く、ボールのスピードも遅いはずです。
やはりアンモナイト打法に死角はありませんでした。矛盾がありません。
本日も誠にありがとうございました。
長文になってしまったことをお詫びします。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました