新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

アンモナイト打法⑤地面反力??

スポンサーリンク
テニス

ランニングの途中でパシャリ。色々なところに原石が落ちているかもしれません。

youtubeで地面反力という言葉を聞きました。

地面反力を使う、地面を蹴る力を球にぶつける。

勢いつくでしょうね!

でも、アンモナイト打法は伸び上がることは厳禁です。

地面反力は使いますが、

打球したあと、体は伸び上がりません。かえってフォロースルーの方が頭の位置が、より沈みこむくらいのイメージです。

実際に沈みこむほどではありませんが頭全く上がることはありません。

頭全く上下にうごきません。

前足で踏み込み、上から抑えつけることにより、強力なダウンフォースを発生させます。

地面反力、違和感ありませんか? 

本当に意識できてますか?

違和感がある、無理があると言うことです。

伸び上がるからヘッド走らないんです。

地面反力を意識してたら、後ろに体重残っちゃう可能性もあります。

アンモナイト打法は、地面反力を意識するのではなく、前足を踏み込む力を大事にします。

グンと踏み込んで打ちます。頭はかえって沈みこむくらい頭あがりません。

だから体重が乗ります。

女性でも打てるようになります、重い球を。

普段のレッスンとは逆かもしれません。多分そうでしょう。笑

どんどん踏み込んでいくから、球の勢いが違うんです。

地面反力を使ってのび上がる暇があれば、踏み込んでヘッド走らせるべきだと私は思います。

またまた今日も日本を代表するプロからお叱りを受けそうです。

先にお詫びしときます。

いつもありがとうございます。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました