新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

テニスにおける外傷と年末のご挨拶

スポンサーリンク
テニス

時期を異にして左右それぞれのふくらはぎに肉離れをしたことがあります。病院に行くのが面倒な私は、体の自然治癒能力にかけることにしました。再びテニスできるようになるにはどれくらいの期間が必要だと思いますか?

小雪舞う大晦日となりました。

ブログを始めさせて頂き3ヶ月。

その間毎日ご訪問くださる方も

いらっしゃって、厚く御礼申し上げます。

昨日やっと仕事がおわり、納会ですっかり

飲み潰れてしまいました。

ブログの更新が遅れてしまったことを

お詫び申し上げます。

今年一年で101回テニスを

することができました。

今年も振り返れば多くの

ケガとの闘いでした。

そして今ちょうどケガが完治したところ

でもあります。

普段から走り込みをしているにも

かかわらずケガをしました。

早朝ダブルスで前衛をしていた時でした。

ゆるいセカンドサーブをストレートに

レシーバーが叩き込んできたボールに

飛びついた時に、左足首を内返し

してしまいました。

内返しとは、足首が外側に

グニャっとなることです。

軽度と判断し、プレーを続行しましたが

ボールに飛びついたり、とりにいく

ことができなくなり4-1から4-6に

ひっくり返されてしまいました。

前衛が動けなければ負けることを

おもいしりました。

その後会社に行きましたが、

足を引きずりながらなのでコピー機まで

往復したりするのが苦痛でした。

しかしながら、翌日は回復し足を引きずる

ことはありましたが、患側に全荷重は

できるほどに落ちつきました。

ただこの部分は厄介で、

足の中には舟状骨などといった

細かい骨がたくさんあるので

骨折の可能性も否定できません。

なのでこういったケガをした場合は

病院へ行くことをおすすめします。

結局私は病院には行きませんでしたが、

テニスがまともにできるようになるまでに

3週間かかりました。

3週間経った今も、準備体操で

うっかり足首を回してしまうと

痛みが走ります。

テニスのケガは治りが悪いようです。

それだけハードなスポーツであると

言うことだと思います。

ちなみに腕、肘、手首、肩のケガは

幸い一切ありません。

ここで肉離れについても。

私は病院に行くのが面倒で

いつも家族から叱られます。

病院に行かなかった場合の肉離れ

の経過です。

病院に行かなかったらどうなるのか?

またまた前衛でドロップショットを

取りに行こうとダッシュした時、

左足ふくらはぎに ペチ とボールが

当たった音がしました。

後衛のサーバーにも聞こえるくらいの

音でした。

左足に誰かがボールをぶつけてきた

と思い振り返りました。

隣のコートには誰もおらず、あれっ

と思った瞬間

右足に激痛を感じ足がつけませんでした。

足がつることもあるかと思いますが、

足がつることのもっと酷い形です。

当然プレー続行不能となり

車で来ていたのですが、ケガした

右足でアクセルを踏むのが大変でした。

踏みっぱなしか、アクセル踏まないかの

いずれかしかできないような状態で

車を30分近く運転して家になんとか

たどり着くことができました。

肉離れすると ペチ とボールを

ぶつけられたような音がします。

こんな音がしたら肉離れしています

ので速やかに医療機関で受診される

ことをお勧めします。

病院嫌いな私は

全く歩けない状態になっているにも

かかわらず、病院には行きませんでした。

自宅に戻ってからは、階段の上り下り

すらできない状態が3日つづき、

なんとか健側のみで上り下りができるよう

になるまでにさらに3日。

足を引きずる状態がさらに、

2週間続きました。

痛みはなんとか1ヶ月でなくなりましたが

運動すると足がつるような感覚が

ありましたので、まともに

テニスができるようになるまでに

結局3ヶ月かかってしまいました。

ちなみに復帰して1ヶ月後に

反対側の左足も同じように

ペチ と言う音がして

肉離れしてしまいました。

昨年は結局半年近くテニス出来なかった

ことになります。

まさか、両足とも肉離れする

とは思いませんでした。

もう二度と肉離れをしたくないので

それからは毎日走り込みをしたり

自転車で通勤したりと足のケガを

しないようにケアするようになりました。

一度きれたからか、

ロードワークの効果かは

分かりませんが

それ以来肉離れはしていません。

肉離れしやすい人としにくい方がいる

ようです。

週末のテニス以外運動しないと言う方

でも肉離れしたことがないと言う方が

結構います。

うらやましい限りです。

ちょっと遅すぎたかもしれませんが

肉離れは寒いシーズンになりやすい

ようです。

ちなみに私などは

1回目の肉離れの後、

テニス出来ない苦痛から

二度と肉離れを起こすまいと

念には念を入れて準備運動していたにも

かかわらず2回目の肉離れを

してしまいました。

準備運動くらいでは回避できない

ようです。

わざわざロードワークしなくとも、

普段からエスカレーターを使わない

とか、階段は爪先重心で上るとか

やれることはいっぱいあります。

是非皆さまも、来年もケガなく

テニスがいっぱいいっぱい出来ることを

祈念しております。

本年も大晦日当日までお付き合い

くださいましたことに厚く御礼申し上げ

ます。

また来年もどんどん更新して行く

つもりですので、またお付き合いいただけ

ましたら幸いです。

どうぞ良いお年をお迎えください。

ありがとうございました。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました