新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

中上級突破!自分なりの打点が明確でしょうか?

スポンサーリンク
テニス

テニスでの最大の悩みは、打点がわからないと言うことではないでしょうか。自分なりの打点がわかっていれば、コートに収まります。自信を持ってラケットを振り抜くことができます。自分なりの打点を掴むにはどうすれば良いでしょうか。

 

年末まで今日を入れて

あと2日!

今年もなんとかテニスを

続けることができました。

 

この投稿がアップされている頃

私は極寒の夜明け前の暗闇の中、

テニスコートに向けて

嬉々として自転車を漕いで

いることでしょう。

先日もダラダラとyoutubeを

見ていたら

フォアハンドの打点の取り方

について色々なプロが色々な

ことを言ってました。

皆さんは打点について明確なものは

おもちでしょうか。

実は自分の打点と言うものを

しっかりおもちであれば、

NTRP T 5.0以上といっても

過言ではないほど打点がわかっている

方は少ないです。

自分なりの打点はここだ!と

いえたら、テニスは完成していると

思います。

打点は人によって違います。

よく言われるのは、グリップが、

コンチ、ウェスタン、セミウェスタン

と言った握りによって違ってきます。

薄くなると体の近くになると言うこと

でしょうが、私は小さい頃から

ウェスタンか、セミウェスタンできました

ので、それ以外の握りに慣れている

わけではありませんので

その辺の話をさせて頂く

つもりはありません。

以前から申し上げているとおり、

当サイトは、自分が知らない、

熟知していないことは

書かないと言うことにしてる

からです。笑。

これからもずっとこのスタンスです。

即席で調べて書いたところで

実践が伴わないものは何も

意味がないですからね。

実践し熟知したもので、

自分が正しいと言う結論に至った

ものだけアップさせて頂きます。

引き続き宜しくお願いします。

 

では、自分なりの打点を探すと言う

ことですが、いい方法があります。

 

それはショートラリーです。

ショートラリーをすることで、

自分なりの打点をわかっている方と

わかっていない方が如実にわかります。

ショートラリーは2往復もすれば

その方の実力が分かります。よね!?

まず打点がわかっている方の場合、

どんなボールが来ても、相手の目の前で

必ずストンと落ちます。

どんなボールが来ても同じ回転で返って

きます。

どんなボールが来ても返球される

ボールは一定です。

一方、自分なりの打点が

わかっていない方の場合、

相手が終始動かなければならない

くらい、前後左右斜めに動かされます。

また、ショートラリーであっても

フレームショットになってしまったり

ガシャったりします。

また、返球するボールのスピードが毎回

違います。

また、回転がやたらかかったボールも

ある反面、無回転になってしまっている

ボールもあって回転が一定でありません。

また、やたらとラケットスイングが速く

相手がノーバウンドだったり

常にショートバウンドで打たざるを

得ないくらいあたりがまちまちに

なっていたりです。

前に書いたことがありますが、

テニスオフで、

中級くらいの紳士とショートラリー

をさせていただいたことがありますが、

とにかくスイングスピードが速くて

かなり後ろの、体よりの打点で

とってしまっていて、

トップスピンをかけようとするのは

わかるのですが、体重が後ろ体重になって

ただこすりあげるだけのドライブボール

になってしまっていた方がいました。

後ろ体重で、ただこすりあげようとすると

ボールとラケットは厚くなり、

飛球が大きくなり、相手のところで

ノーバウンドかショートバウンドで

打球せざるを得ない感じになって

しまいます。

そしてもっとこすりあげようとする

あまりスイングスピードがフルスイング

に近くなり、また、打点も後ろ打点な

分、差し込まれてしまうのでどんどん

下がって最終的にはベースラインと

サービスラインの間まで下がる状態に

なっておられました。

そして何を思ったか、

まだアップが始まった

ばかりなのに

ショートバウンドや、ノーバウンドの

応酬を受けて開始早々追い込まれた

私を見て、それくらい返せといわん

ばかりにショートラリーを

一方的に打ち切られ、

ボレーボレーに移行されてしまいました。

ちょっと待ってよ〜と言いたかったです。

 

自分なりの打点がわかっていないと

このようにスイングスピードも

速くなりがちなのでご注意下さい。

 

そしてここで言う打点と言うのは

いつも素振りするような、腰高の

ボールだけではなく、あらゆる高さの

ボールを打つ時の打点です。

とお読みいただいたら、打点はボールの

高さによって違うことを言おうとしている

と言うことになりますね。

打点はボールの高さ、

体からの距離により微妙に違います。

やり直しテニス②高い球苦手?ですか。

ラリーが苦手なのバレてませんか?エビのような姿勢になってます。

 

なぜか、

フォアハンドを打つ時の想定ですが、

ラケットを握る方の手を真っ直ぐ

体の前に、肘が曲がらないように上げて

見てください。

地面と平行になる高さです。

そこから手を真っ直ぐにした状態のまま

上に上げてくると、手首の位置が体の

近くになってきますよね!

下に下げるとまた体の近くに来ますよね。

手を伸ばし切った状態で打球

するわけではないので、

ここまで極端に打点が変わるわけでは

ありませんが、

ボールの高さにより打点が少しずつ

微妙に変わると言うことがお分かり

頂けると思います。

youtubeやらで打点の位置について

いろいろな説明がされていますが

概ね体の前であることは

事実ですが、もっと細かい説明を

説明すべきだと思います。

長くなってしまいましたので、

ボールの高さによる打点の違いを

後日アップしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

スイングによって変わる

一つしかないと言う結論は早い

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました