新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

速い球を打ち返せますか?速い球をうたれたらさらに加速して返しましょう!

スポンサーリンク
テニス

速い球を打ち返すこのはかなり難しいことだと思います。高速になれるのも重要な要素だと思いますが、もっと大事なことがあるように思います。

速い球を打ち返す。

結構難しいですよね。

先日youtubeを

みたら

いろいろな方がいろいろな

ことを書いていました

 

①脱力してうつ

速い球を脱力して打つようにと指導されても

ピンと来ませんでした。

力の入れすぎは

ヘッドスピードがはしらないとでも

いえばいいのかもしれませんが。。

 

②しっかりボールの後ろにはいる

ラケットが力強く振れるところでなければ

ラケットもっていかれてしまいますね。

そのためのポジション取りは

確固たるフットワークが必要ですね。

 

③ボールに対して垂直に打球する

ボールに対して垂直に打球できるスイング

を作るのが難しい。

 

④焦ってテイクバックしてフォームが崩れないようにする

速いボールだからといってフォームをかえてしまうのは

よくないと思います。同感。

テイクバックが間に合わないというなら

フォームを修正する必要があります。

フォームは速球に対応できるようにすべきで

ゆるい球も同じフォームでうてるような形がいいです。

⑤ゆるい球で壁打ちをする

なるほど、リズムが大事ということですね。

今度練習してみたいと思います。

などなどいろいろありました。

 

ただ誰も言っていないことがあります。

 

なぜ誰も言わないか

それはアンモナイト打法以外では

それができないからです。

 

ではみていきたいと思います

 

まず、スピンがかかって跳ね上がってくるボールは

速い球というここでの認識ではありません。

ボールの後ろに入ることができれば

バウンドしてから跳ね上がってくるまでの

時間が必ずあるからです。

 

強烈なスピンボールは確かに速いですし

高いところでうたせられるので

大変かもしれません。

ただ、アンモナイト打法は

高いボールの返球は得意です。

やり直しテニス②高い球苦手?ですか。

なぜプロは強いのか?

ロブをロブ返ししない理由!

跳ね上がってくる時間を利用して

タイミングを合わせることができるからです。

なぜ中級止まりなのか?中級突破のコツ

 

ここでは、速球を低く滑ってくる球を

前提にいたします。

 

剛速球といわれているボールは

ネットぎりぎりに飛んできて弾道が低いです。

 

低いボールゆえ

視線が離れるため

ガシャる可能性が高まります。

誰も書いていないこと:

速い球を打つには:顔の位置をかえないで打球するとしっかり返球できます。

顔の位置がスイングすることによって

上下してしまうと

腕、ラケットも一緒に上下する

可能性がたかまります。

連動しやすいからです。

連動しなようにするためには

あえて意識しないと普通にラケットヘッドも

上下してしまいます。

顔の位置、高さが上下しないスイングって

アンモナイト打法しかありません。

従来の左肩に振り上げるスイングだと

以前からお話している通り顔の位置が動きやすく

ラケットヘッドがぶれます。

速球がきたらポイントがずれるので

ガシャリマス。

 

また、先日の投稿の中で、

エビのように腰が引けて打球する

女子プロ選手のことを書きました。

 

視線を落とそうと腰がエビのように

引けてしまった状態で返球しても

次に踏み込まれて叩かれるだけです。

 

確かに顔の位置を動かさないように

身体開かないように打とうとする気持ちは

わかりますが、

返球するボールに力がなくなってしまいます。

 

どんなときも姿勢はピーンです

少し膝を落とすくらいで、身体は必ず起こしてうつ。

どんなボールでもです。

余談ですが、高いボールを打球する時に左に倒れながら

バランスを崩して打球してしまう人がいるので注意です。

低いボールを低い体勢で打球するとますますボールは

持ち上がりません。

よくある女子プロ選手の間違ったスイング 完全論破編

低いボールであっても身体は起こして打球スべきです。

でないとボールが持ち上がりません。

身体を起こしておくとボールを持ち上げるのが楽です。

 

速い球をガしゃってしまったり

うまく返球できないのは

動体視力の衰えでも

老眼のせいにする必要はありません。

 

先日、80歳の方でもかなりのスピードボールを

普通に返球されていました。

身体の上下動が少なかったです。

ラケットをボールの軌道に

差し込むと言うイメージでした。

 

きたボールをしっかり返すだけなら

こういったスイング、

つまりテイクバックも少なく

振りもコンパクトに

ボールの軌道にあわせれば

返球できます。

身体の上下動を少なくするかが

ポイントであることを

物語っています。。

 

そして、ここから先はアンモナイト打法の

出番ですが、

剛速球をただかえすだけではなく

しっかり振って攻守をひっくり返したという

更なる欲求に応えられます

 

アンモナイト打法は顔の位置

をかえずにおもいっきりフルスイング

ができます。

だからラケットのヘッドの位置が正確に軌道にのることにより

常に目標に対し、ブレずに正確に射抜くことが

できるようになります。

アンモナイト打法⑨顔は残すもの??

 

だからアンモナイト打法は、

きた球よりさらに加速させて返球できますし

倍返しすることだってできるはずです。

 

ありがとうございました。。

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました