新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

ボールの潰し方①だれでもできるその簡単な練習方法

スポンサーリンク
テニス

みなさんが憧れるボールを潰すその方法について、簡単な練習方法があります。これができなければボールを潰すことはできません。意外と簡単な方法ですが、フォアハンドストロークの基本でもあります。これができているプレーヤーは間違いなく上級プレーヤーです。その練習方法をご紹介いたします。

過去にボールを潰すことについて解説してきましたが

実はかなり高度な内容です。

ここでは、そこまで行く前の

基礎中の基礎の練習方法を

ご紹介します。

 

ボールを潰せ、潰せといわれても

具体的にどうやったらボールを潰すことができるか

イメージができないのではないでしょうか?

 

実際にボールを潰すなんてことができないのではないかと

いう人だっています。

所詮、千分の何秒の世界ですから。。といってます。

 

それは誤りです。

ボールがらラケットのガットに衝突した瞬間ガットがたわみます。真ん中が後方に膨らみます。

このことにきづいてません。

 

ボールをしっかり潰せていると、

つまり、上級者のボールと上級者以外の方の

うつボールが明らかに違う点は

音 です。

上級者がしっかりボールを潰して打球しているときは

「ボコっ」という音が発生します。

この音はボールをしっかり潰せているという

なによりの証明です。。

千分の何秒の世界でもしっかり潰すことができます。

 

中上級レベルの方に多いかすれたあたりしかできていない人は

この音は発生しません。

 

ここまで書くとどうやったらボールを潰す

ことができるのかヒントがありますね。

 

ボールを潰すことの大前提!

打球した瞬間、ボールとラケットは垂直にあてて厚い当たりにするということです。
ボールに対して厚くあてるということです。
厚く当てずしてボールを潰すことはできません。
スピンがつよい人は、若干かぶせぎみにあたるかもしれませんが
垂直に対して、かぶせても10度から15度くらいのイメージです。
それ以上かぶせてしまうと厚い当たりになりません。
(上記は私のフォアハンドで打球しているところのイメージです。
 スピン系が強いので若干かぶせ気味です。)
ところで垂直に当てる、打球するということは
実は非常に難しい技術です。
なぜなら、ラケットが地面に対して
垂直にあてるところ、
ラケットが地面に対して垂直に
立ち上がっていくポイント、通過点は一瞬でしかありません。
このポイントをのがした瞬間
ミスヒットが生じます。
この垂直に立ち上がるポイントで
ボールをつかまえなければなりません。
要は、自分の打点を知る必要があるから
難しいのです。
どんなボールでもこの点を探さなくてはならないので
簡単な話ではありません。
以前にも書きましたが、
ボールの高さによって打点は変わってきます。
まずは、自分のスイングの中で
どこのポイントでラケットが垂直に
立ち上がってくるかを
確認してみてください。
そして、常にこのポイントでボールを
捉える練習をしてみる必要があります。
意外と難しいもんです。
だからフォアハンドは難しいと言われている
ことにも通じています。
必ず素振りで確認する必要があります。
では実際に垂直に打球できているかを
確認する方法をご紹介します。
この方法は垂直に打球する具体的な
イメージづくりにもなります。
ではご紹介します。
まず、誰もいないテニスコートに
誰よりも早く行ってください。

練習は影でするもんです。(笑)

ボールをしっかりつぶせることのできすスイングができているかどうか
確認できる簡単方法があります。
①誰もいないコートに行く(笑)
②ネットに近づく
③そこから少し距離をとり
④ネットの白帯で打球するイメージで
⑤ラケットを白帯にぶつけてみる
 (軽くやりましょう!道具は大事です)
⑥ラケットヘッド、ボトム(根元)、ラケットフレームの上下左右が同時に白帯に当てることができているか
ボールをつぶせるスイングをしているか、その確認方法

 

ラケットヘッド、ラケットのボトム(根元)、グリップ、手首の甲までが完全に一直線になって白帯にあたるか
確認してください。
万が一下記のように
ラケットヘッドが先に白帯にあたってしまっている場合や

 

下記のようにラケットのボトム(根元)が先にあたってしまう場合

 

ボールをつぶせるようなスイングにはなっていません。

ラケットがボールに対して垂直に打球できていないことになります。

 

もっと正確にいうと

ラケットヘッド、ボトム、フレームの左右(上下)が

すべて完全に同時に白帯にあてられているかどうかです。

 

現在、中上級プレーヤーにフォアハンドを

教えていますが

白帯に全て同時に当てることができていた

方は10人中、3人とかそんなレベルです。

 

想像以上にすくない割合です。

 

 

普段のいつも通りのスイングで

普通にラケットのすべてのポイントが

同時に白帯に当てるようなスイングが

できていないといけません。

 

これがボールに対してラケットが垂直に当てられる

ようになる練習方法です。

 

まずはゆっくりでいいのでしっかり

ラケットのすべての点が

同時に白帯をとらえられるように

練習してみてください。

 

これが普段のフルスイングの中で

できるようになれば間違いなく

厚い当たり、ボールをしっかり潰すことのできる

スイングができることになります。

 

上級者になれば当たり前のように

百発百中で同時に当てることができます。

 

最後に注意点ですが、

 

先程の悪い例2つは

ショートクロスを打つ場合や

逆クロスを打つ場合には

この当て方になるので

使わないわけではありません。

ただ、厚くうっていていては

ショートクロス打てないことは

おわかりいただけているとは思いますが。。

 

皆さんもだれよりも早くテニスコートにいって

しっかりらラケットの縦、横が同時に

白帯にあてられているか

確認してみてください。

 

今回はボールを潰すためのスイングの確認方法を

ご案内いたしました。

次回は打球した後の

スイングはどうなるのかを

解説していみたいと

思います

 

ありがとうございました。

 

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました