新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

フラットサーブ①が入らないのは身長のせいにしてませんか?

スポンサーリンク
テニス

自分は身長が低いからフラットサーブは入らない。だからいつも回転系でファーストサービスを打っている。打つことを諦めてしまいましたか?フラットサーブに身長はあまり関係ありません。

 

フラットサーブの打ち方を誰かに

おしえてもらいましたか?

スピンサーブや、スライスサーブは

教えてもらってもフラットサーブを

教えてもらう機会はそんなにないように

思います。

コーチ自身がフラットサーブの

打ち方を習って来なかったからかもしれません。

コーチの中にはスピンサーブとキックサーブの

打ちわけもできない方が大勢います。

また、スライスサーブだって

りんごの皮むき型のスライスサーブは

うてても、プロネーションする

スライスサーブは教えられないという方

も大変多いです。

そして、フラットサーブって理屈あるの???

というくらい何も教わってこなかった

コーチが大勢います。

ただ思いっきり振る??

こんなのはテニスではありません。

決められたところにいれなければ

ならないのですから

しっかりした理屈がないと

サービスボックスの中に

いれることは困難です。

 

フラットサーブもしっかりした理屈があります。

以前、テニススクールの上級レベルっって

どのくらいなんだろうとおもって

近くのテニススクールの体験レッスンに参加したことがあります。

そこで球速を測ったことがありますが

脱力50%で150キロくらいでした。

少し力いれて175キロでした。

フルスイングしたらもう少しスピードは

出ると思いますが、疲れますし、

確率が下がります。

175キロ近辺なら試合するには丁度よいスピードです。

上級者レベルなら175キロだそうと

すると確率は40%あればよいほうではないかと

思います。

セカンドで打つスピンとキックサーブがすきなので

わたしは確率50%でもいいと思っています。

 

身長165cm以上ある男性なら、

リラックスしてフラットサーブをうって

確率50%で(2球に1球)160キロ超えてこないなら

スイングの軌道を再考されてみても

いいかもしれません。

力まかせに振ってもフラットサービスははいりません。
よくみる光景が、サービスボックスに
収まりきらなくて、ロングしてしまうことです。
ロングしてしまう原因ってなんでしょうか?
身長が低いから??
過去に160cm以上の方に教えてしっかり
フラットサーブが打てるようになっていたので
それくらいの身長ならフラットサーブは打てる
はずです。
160cmない方の場合はフラットサーブを教えた
ことがないので、ちょっとわかりません。

誰でも打てるようになるスピンサーブ練習法 やり直しテニスシリーズ③

もし以下の方法でも入らない場合は
スピン系のサーブを磨いていただければと思います。
逆にいうと160センチ台の方なら身長のせいにはできません。
フラットサーブが打てるようになっているからです。
フラットサーブがロングしてしまう原因:
高いところで打球できていない。
当たり前ですよね。
低いところでとっている限り
ロングしてしまうかネットしてしまうかです。
なんだ当たり前じゃないかといわれるかもしれませんが
なぜ低いところで打球してしまうのかおわかりですか??
肘の位置が下がっているからです。
ではなぜ肘の位置がさがってしまうのでしょうか??
これが答えられると上級者ですね。
サーブは手首の動きは回内運動で打球するのが基本です。
手首の動かし方にあります。
間違った手首の動かし方:掌屈
正しい手首の動かし方:回内
掌屈とは:手のひらを空に向けてそのまま折りたたむ動きです
回内とは:手のひらを空にむけ、そこから体の内側にねじる動きです。
上級の方でも掌屈して打球している方が多いです。
正しい打球の仕方は回内で打ちます。
このことをプロネーションだとか内転といっています。
なぜ回内でうつのか
回内で打球することができれば、肘の位置が下がりません。
掌屈してしまうと、掌屈にあわせて、肘の位置まで
さがってしまうからです。
だからネットしたり、ロングしたりします。
回内運動で打球している限り
肘の位置がさがらず、
フォロースルーも短くなり
ラケットヘッドがビュンとはしってくれます。
ファアハンドストロークの
アンモナイト打法のフォロースルーが
短いのと同じ理屈です。
フォロースルーが短ければ
ラケットヘッドが走ってくれます。
手首の回内運動で
打球するということです。
掌屈でうつサーブにいいサーブは
ありません。
それなのに世の中の
テニスプレーヤーの
大多数の方が
掌屈してしまっていると
言う現状があります。
フラットにかぎらず、スライス、スピン
すべてでこの現象があります。
コーチの方はしっかり指導されることを
望みます。
掌屈しているとテニスがなかなかうまくなりません。
本日はフラットサーブを打つための
手首の使い方について
投稿させていただきました。
次回は回内させた時のラケットの
高さはいかに。。たかければいいのか
についてアップさせていただきたいと思います。
本日もありがとうございました。

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました