新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。

フォアハンドで左手をしっかり使えていますか?左手の使い方をお教えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テニス

ボールが暴れる、体がすぐ開いていしまう。。こんな悩みは左手の使い方をマスターできれば解消します。多くのアマチュアテニスプレーヤーの多くが左手をしっかり使うことができていません。左手の使い方をしっかりマスターできれば見違えるようなショットを打つことができるようになります。

この記事では

フォアハンドで左手の使い方
そしてその絶大なる効果

を理解することができます。

 

最初に以下の質問をいたします。

(左利きの方は左右逆にお願いします)

フォアハンドで打球する際:

・あなたの左手はどこにありますか?
・左手をどこに置くべきか教わりましたか?

この2つの質問に

明確に答えられる方は

素晴らしいコーチに出会って

います。

反対にこの質問に

残念ながら答えられない

方はまだいいコーチに

出会えていないと

いうことになります。

そういった方はこの記事で左手の使い方を

しっかりマスターしていただくことを

お勧めします。

 

ボールが暴れてしまうのも

体がすぐ開いていしまうのも

すべて原因があります!

それは、左手が使えていないからです!

左手の使い方をマスターすれば

解決できます。

 

テニススクールでは

ラケットの振り方を

教えてくれますが

左手の使い方を教えてくれません。

 

また普通にラリーができてきても

教えてくれるのは

左手でボールをつかむように

左手を前に出してと指導されるくらいですね。

 

まず、最初に左手を前に出すことの意味について

考えましょう。

 

なぜ、左手を前に(相手方向に)だすのでしょうか?
①左手を前に出すことによって、
 反対の右肩が自動的に後方に移動してテイクバックが完了する
 ☞弓矢の弓を引くのと同じです。
 ☞自動的にテイクバックがしやすくなります。
②左手を出すことによって、左肩でスイングの支点をつくる
 ☞かりに左手をあげずにだらんとさげた状態で
  打球した場合、支点が存在せず右肩が回りすぎて
  開きやすくなったり、振り遅れたりして
  体幹が不安定になります。
 ☞支点ができることによって、過度に体が
  回りすぎることを防止してくれます。
左手を前に出さないで、打球してしまっている
アマチュアの方は実は結構います。
もったいないです。
前にだせばもっと力強く
打球できます。
では、前に出した左手をどのように動かすのが正しいのでしょうか?(本日の本題)
前に出した左手をそのまま残して
スイングしてしまっている方もいます。
スイングとぶつかりますので
力強く打球できません。
ラケットをキャッチしようという
指導がありますが
そのイメージが強すぎるのでしょう。。
前に出した左手は、体に引き付けて、折りたたまなければならない。
(左手のたたみ方の図解)
①左手を前に出した写真

②左手を折りたたみ始めます

③左手を折りたたみ終わり直前

④間違った左手のたたみ方

⑤間違った折りたたみ方(④の続き)

 

(正)①~③が正しい左手の折りたたみ方になります。

(誤)④~⑤は間違った折りたたみ方となります。

 

(正)と(誤)はどう違うのでしょうか?

注目していただきたいのは2点です!

・頭の傾き

(正)方は右に(打球方向に)傾きます(③の写真)

☞打球方向に力がぶつかっていくようになります。

☞いつも言ってますがアンモナイト打法は顔が残せます、勝手に残ります

(誤)方は特段傾きません

☞力が抜けてしまっています

・左手の手のひら向きです。

(正)手のひらが空を向きます

(誤)手のひらは、左手を出した時のまま地面を向いたままです

 

左手は、体に引き付けながら絞り上げるように折りたたむ!

・体の近くに引き付ける

体に引き付けないで

左手を④の写真のように

折りたたむと

せっかく出した左手の支点が

くずれ、体幹がくずれ

力が逃げてしまいます。

体の近くに引き付けることが大切です。

・手のひらを絞り上げる

左手を出していた時の手のひらは

地面を向いてました

その手のひらは体に引き付け終わるときには

空を向いています。

体に引き付けながら

手のひらが自然に空を向くように

絞り上げることが大切です。

この絞りあげる動作によって

前に出していた支点を

さらに支えそれ以上体が

開かないようになり、

この支点でしっかり体重移動が

とまることによって

ラケットヘッドが

加速していきます。

 

また、左肩で作った支点が

全くぶれないので

スイングの軌道は

常に安定するようになります。

再現性が向上することになります。

 

そして、何よりこの手のひらを

絞り上げる動作がラケットを振り上げて

いく方向性に同期していくため

強力な加速を生みます

 

ボールが暴れてしまったり

体が開いてガシったりしがちな方は

この左肩の支点がしっかり

作ることができないということが

非常に多いです。

ブレブレになっています。

そして、左肩の支点をしっかり作るあげるのは

左手であるということがご理解

いただけたのではないかと

思います。

 

プロの写真も打球し終わった後

の左手は空をむいているますよね!

左手をだらんとぶら下げたまま

打球しているなんてとっても

もったいないことです。

左手をしっかり使って

強い打球を打ちましょう!

 

本日もまことにありがとうございました!

これからも強力な打法を目指されたい方は

まずトップスピンの基礎を習得されることを

お勧めします。

アンモナイト打法の前提になります。

アンモナイト打法にご興味があれば

こちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました