新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
テニス

フラットサーブのトスはなぜ真ん中なのか。よくある勘違い。

フラットサーブはトスを体の真ん中に上げるというのはみんな知っています。でもなぜ真ん中でなければいけないのか正確に理解できている方は少ないはずです。ご自身のフラットサーブはバウンドした後バックスピンがかかっていないですか?それは実は正しくありません。
テニス

なサーブで失速したボールしかうてないのか?サーブでの必須の動き①

せっかくのサーブなのにボールに勢いがでない。もっと強いボールを打ちたいとおもっていませんか。強いサーブを打つには打球するまでに力を溜め込まなくてはなりません。その力の蓄え方を知らない方が多すぎます。気づかない方が多すぎると言い換えてもいいです。
テニス

サーブの勢いを上げたい方、必見!大事なのは後方作業です。逆にしている方が多いです。

もっと速いサーブを打ちたい、これは誰しもが思うことです。ノータッチエースは試合の流れを変えてくれます。でも速さを出そうとただ速くラケットを振ったところでサーブは速くなりません。ラケットとボールが衝突した瞬間のエネルギーロスは想像以上です。打ち負けないサーブのコツがあります。
テニス

キリオス選手のサーブ、単なる癖の強いサーブと思っていませんか?

フェデラー選手のようなサーブを打ってみたいと誰しもが感じることでしょう。でも実際真似してみるととてもつもなく難しい。やはり我流に戻ってしまう。そんな繰り返しではないでしょうか?数あるプロのサーブの中で、私はキリオス選手のサーブが参考になると思っています。
テニス

なぜボールが暴れてしまうのか?ストロークが安定しない方のために。

ストロークのときに打ったボールは安定していますか?意図せず山なりのボールになったり、ボールが浅くなったり、ホームランになってしまったりするのは原因があります。我々アマチュアは体に染み込むまで練習することは不可能です。知っておくべき理屈があります。
テニス

なぜテニス肘(テニスエルボー)になるのか?唯一の解決法。

テニス肘になってしまう原因をご存知でしょうか?決して練習のし過ぎでなってしまうものではありません。スイングがまちがっているからです。肘や手首の痛みに悩まされているアマチュアの皆さんが本当に多いことは残念です。テニス肘にならない方法をご案内します
未分類

スイングスピードが一定でないと指摘されたことはありませんか?上級者に多い間違い。

上級者の中に打球する直前にだけ力をいれてスイングされる方がいます。手首、肘、腕けがします。スイングはテイクバックから打球し、フォローするーまで流れるような一定のスピードでスイングすべきです。これができていないと怪我をするリスクがあります。
未分類

お詫び

毎週月曜日更新を目標にしておりますが、息子の中学受験が終わる2月3日までアップできそうにありません。 毎日のぞいてくださるかたもいてくださり大変申し訳ありません。 深くお詫びします。 息子の中学受験が終わり次第更新させて頂...
テニス

バックハンドスライスで誤ったイメージを持っていませんか?

バックハンドのスライスは、ただ守りに使うためだけのものではありません。守勢から攻勢へのきっかけにもなるショットです。低くのびのあるスライスをうつ秘伝の技を公開します。初中級の皆さんがこのイメージを最初からもって練習できていれば余計な回り道は不要です。
テニス

テイクバック完了した時、ラケットヘッドを相手側に倒していませんか?

フォアハンドのテイクバックを完了した際に、ラケットヘッドを相手側に倒しているかたがいます。それを現代テニスとしている風潮がありますが、断固として反対です。サーブリターンの時やたたきこまれた時にも同じスイングにしておくべきです。再現性の観点から。
タイトルとURLをコピーしました