新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

絶対打てるトップスピン

スポンサーリンク
テニス

本日も単身赴任先で、

朝練に参加させて頂きました。

我がアンモナイト打法、絶好調です。

とにかくバウンドした後の跳ね上がりが

すごくてみなさん苦労されてました。

スピードは大分緩めて打ってますが、

いい感じで跳ねてくれています。

また、最近非常に気になることがあります。

youtubeのショート動画があると思いますが、

プロが球出しされたボールを、

フォアハンドでマン振りして

その打球の速さが、

どんなもんじゃいという

動画がよく表示されます。

きっとそんなはずはないと思うのですが、

私のフォアハンドの方が早いです。

いや、申し訳ありません、速く

見えるだけだと思います。

きっとそんなはずはないと思うのですが

でも私の打球の方が速い。笑

ましてや、世界ランカーのプロですから

絶対そんなはずはない!と思ってみてる

のですが、何回見ても、

私のフォアハンドの方が速い

そのように思えて仕方ありません。

そんなはずはないよねと自分にいい 

きかせなければならないくらい

私のフォアハンド、アンモナイト打法も

速いです。

プロがマン振りして170キロくらいだと

何かの動画で見たことがあるので

いつか私のアンモナイト打法による

フォアハンドも計測してみたいと思います。

プロより速いなんてことはないと

思いますが。。。

だって世界ランカーと、かたや

普通のウェートトレーニングなんか

したことのないただの中年ですから。笑

でも私のフォアハンドの方が速い。笑

速く見える。。。

どんなスポーツもそうだと思いますが、

自分を客観的に見なければ

いけないですよね。笑

でも確かに私のフォアハンド速い!

何回も申し上げてすいません。

中上級の方でも、綺麗なトップスピンが

かかっている方はあまりいません。

本日はトップスピンの王道の話をさせて頂

きます。

中上級の方でも、

フラットなのかスピン打っているのか

よくわからない弾道の方が

結構います。

というのも

スイングの軌道がトップスピンを打とうと

しているのはわかるのですが

バウンドした後の跳ね方が足りない。

跳ね方が足りないということは

スライスにもなっていない訳ですから

相手からすれば、腰高の打ちごろの

ボールでしかありません。

ご本人はトップスピンを打ってる

ご認識だと思いますが、跳ねてない。

そんな方多いです。

我がアンモナイト打法は

強烈なトップスピンがかかります。

あたかも誰でも打てるような

書き方をしてきてしまったかも

知れませんが、

ワイパースイングが入りますので

やはり中上級以上の方向けといった

ことになると思います。

打球後のフォロースルーで

ワイパースイングが入ります。

逆にそこができるので有れば

誰でも簡単に打てるようになります。

そこまでいかなくとも

なんとかトップスピンを打ちたいと

思っている方のために、

あるいは、初中級の皆様でも

ある道具を使えばすぐにワイパー

スイングできるようになります。

後日ご案内させていただきますが、

とりあえず、アンモナイト打法とまでは

行かなくともトップスピンの入口だけでも

という方のために。。

トップスピンをかけるために

絶対必要な動きをご案内します。

それは手の平に母指球という

親指の下のところに大きな

膨らみがあると思いますが

その母指球をボールの方に向けて

打球するということです。

母指球からはいる、

母指球をボールに向けると

ヘッドが下がります。

そしてハンドファーストの状態を

体の前で作ります。

ハンドファーストとは、

手が前方向にボールを追い越している

状態です。

打球前はもっとハンドファーストになってますが画像がありませんでした。

もう一回整理すると

①母指球をボール方向にむけて

②体の前でハンドファーストの状態を作る

この状態で打球しようとすると

ラケットヘッドは自然に下に下がります。

その状態で打球すれば

下から上に打球できるので

自然にたて回転がかかります。

この動きは、アンモナイト打法でも

大前提の動きでもあります。

アンモナイト打法では、

実際にはここから

フォロースルーがとても大事なんですが、

とりあえずトップスピンを打ってみたいと

いう方、

トップスピンをもう一度やり直したいと

いう方は

この形を作って打球してみてください。

手の平、掌 どっち笑。。にある

母指球からボールに向けるという

表現をして説明する打法は

私だけかも知れませんが、

参考になれば幸いです。

ちなみに、

ラケットヘッドが思いの他、

地面を這うかのように下を通過させる

という動画、youtubeで

増田健太郎プロが

説明されております。

増田健太郎プロといえば、

アラフィフの私が

高校生くらいの時に

頭角を表し始めた

偉大なスーパースターです。

母指球という表現は、私だけの独特な

表現ですが、

ラケットヘッドが地を這うように低いところを通過させなくてはならないことは

増田健太郎プロがいってることですので

ご納得頂けるのではないでしょうか。笑

母指球から行く、体の前でハンドファーストの状態にする

 

これでトップスピンの入口は完成です。

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました