新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

余計なことをしない

スポンサーリンク
テニス

上の写真は、テイクバック完了の状態。

下の2つの写真は打球する時の写真です。

テイクバックから打球するまでの手首の背屈、僅かな尺屈を入れていますが、

この手首との角度ほとんどかえていません。

振り出し中もほとんど同じにしています。

youtubeでティアフォー選手が掌屈して背屈して打球という紹介がありましたが、

打球するまでに無駄な手首の動きは、

手首を痛める原因になります。

テイクバック完了時点ですでに打球する時と同じ手首の状態にしています。

打球する時に手首にかかる衝撃は想像以上です。

また、テイクバックから打球するまでにラケットを引っ張ってくる時もかなり力が必要です。

私は個人的には、この引っ張ってくる時に手首痛める方が多いのではないかと感じています。

ましてや、我々アマチュアは筋力トレーニングに不足がありますし、腕力なんて。。。

ではないでしょうか。

だからテイクバックから打球までに手のひら側に倒す掌屈を始め、

余計な動きをすることは控える方がいいと思います。

最初から打球時の手首を作っておくとボールも安定するのではないかと思います。

実はテイクバックの時に打球時の手首をつくっておくと

打球時にハンドファーストの状態を作リヤスクすることも可能になります。

だから球も、安定的に力強い、伸びのあるボールを量産することができると考えています。

余計な手首の動かし方はしない方が懸命であり、デメリットしかないと思います。

まあ、こんなことをいってるのは私だけかもしれません。。

本日もお付き合い頂き感謝致します。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました