新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

フォアハンド ヘッドダウンさせていいのか?悪いのか。。

スポンサーリンク
テニス

ヘッドダウンしない

ように言われるのですが

イマイチ意味がわからないです。。

 

中上級以上の方になると

すばらしいスピンをかけているかた

いっぱいいますよね。

また、以前の投稿でも

ヘッドダウンについて投稿

させていただきました。

詳しは下記リンクもごらんください。

練習会パトロール

ヘッドダウンには2種類があると思います。

ヘッドダウンしていいスイングと

おすすめしないヘッドダウンの2種類あります。

 

ヘッドダウンとはおわかりの通り

ラケットのヘッドが地面をむくことですよね。

 

どちらも

スピン、トップスピンをかける上で

ラケットヘッドを下げて打球すれば

驚くほどスピンがかかります。

楽に打てる方法です。

中級から、中上級に上がる途中で

ヘッドダウンの楽さを

認識され

打っている方多いですよね。

 

ラケットヘッドを落として打球するのは楽であることは間違いありません。
リストワークだけで
綺麗にスピンがかかるので
ラリーを続けたい場合
ストロークを安定させたい場合
などにオススメしない方も
使ってしまいがちです。
私がyoutubeをみて
お一人だけオススメしない
方のヘッドダウンで
打球されている
有名プロがいました。
それ以外のプロでは
誰もいませんでした。
だから、毎回動画をみるたびにそのプロの
スイングがきになって仕方がありませんが
強靭な手首の持ち主なんだと思います。

私事で恐縮ですが提唱するアンモナイト打法での

フォアハンドで説明させていただきます。

①ナチュラル系のスピン系のボールをうつ場合のヘッドの位置

→フラット、もしくはごく一般的なトップスピンを打つ場合のヘッド

②余裕があって、ヘビーなトップスピンを打つ場合のヘッドの位置

→ヘッドはほぼ真下を向いています。

ヘッドダウンの状態。通常のヘッドダウンのレベルではありませんが。笑。

②のヘッドダウンは私自身が打っている以上

間違っているヘッドダウンの方とは言えませんが。。笑。

 

結果的に私もヘッドダウンしています。

 

オススメしない方のヘッドダウン:
手のひらを相手にむけた状態で、手首だけで尺屈(地面側)に動かし、撓屈側(空側)に動かすこと。単純な手首の上下動⇨以下便宜的に 「手首支点のヘッドダウン」と呼ぶことにします。

尺屈:手首を外側に動かすこと

橈屈:手首を内側に動かすこと

(背屈と掌屈ではありません。)

正しいほうのヘッドダウン:
手首を背屈させた状態から肩を支点にしてスイングをする場合、ヘッドは勝手に下に向くか、もしくはラケットを引っ張る力を利用して、尺屈が少しはいるためにヘッドが下を向く⇨便宜的に「肩支点のヘッドダウン」と呼びます。
念の為参考資料を添付させていただきます。

 

このように「手首支点のヘッドダウン」と「肩支点のヘッドダウン」の

2種類があります。

 

手首支点のヘッドダウン

ボールが前から来るにも関わらず、

下から上に持ち上げるという

全く違う動きをするので手首を

痛めます。

また、上下動の途中で打球するので

ガシャりやすくなります。

速い球が打ちづらくなります。

また、この動きはスピンが

かかりますが

せっかくの相手の力を

ころしてしまいます。

相手の力を利用することができません。

 

一方肩支点のヘッドダウン

肩を支点とするということは

肩からのサポートを得られると

いうことですので力強く打球できます。

また単純ヘッドダウンが手首だけの

可動域になるのに対し

肩支点だと可動域が大きくなります。

ということはフォロースルーも

遥かに大きく取ることができます。

 

肩支点のヘッドダウンは肩からのサポートがあるため、打球の力強さが違います。
手首支点のヘッドダウンは手首の尺屈と撓屈だけの
可動しかなく、手首の力だけしか
サポートが得られないため、
力強く打球できませんし、安定しません。
また、肩支点の方は、結果的にヘッドダウンするのに対し、手首支点の方は意図的におとしています。
よくレッスンでは
ヘッドダウンしないようにと
口酸っぱく言われるかもしれませんが
言われている意味が
わからない方が大勢いるような
気がします。
肩支点と手首支点のヘッドダウンは
肩からのサポートがあるかどうかが
最大の違いです。
手首のサポートなどというのは
人体の構造上
ないに等しいです。
必ず肩支点でのヘッドダウンになるように
すべきです。

 

アップのときに

ショートラリーをされると

思いますが、

ショートラリーだからといって

安易に手首だけのヘッドダウン

しちゃっている光景が結構あります。

どうせヘッドダウンするなら

せっかくでるから肩支点の

ヘッドダウンさせたほうが

有益だと思います。

アップ後に使わないショットの

練習をするくならということになると

思います。

手首支点ヘッドダウンされている方の中には

腕をムチのようにしならせる

一貫だと反論されるかもしれませんが

ムチのようにしならせる意味をとりちがえて

おられるように思います。

 

そのへんのところは以前の投稿で

記載させていただきましたので

参考にしてみていただければ幸いです。

アンモナイト打法⑥あめとムチ?

 

 

 

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました