新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

だからボールに勢いがないんです。

スポンサーリンク
テニス

テイクバックの位置は明確にすべきです。普段テイクバックの高さはあまり気にしていませんか?私の提唱するアンモナイト打法ではテイクバックの位置は高いところにあります。このテイクバックの位置にあるからヘッドが走るんです。

先日みたyoutubeで女子プロの選手の

テイクバックの完了した時の位置が気になりました。

 

また、別の動画では、アマチュアプレーヤーの方が

女子プロの選手と同じ高さでテイクバックが完了

していました。

 

おふたりともテイクバック完了した時の

手首の高さが腰の位置くらいにありました。

 

皆さんはテイクバックの高さ

普段から意識されていますでしょうか?

ちなみに下記が私のテイクバックの高さです。

 

ラケットがさらに上を向いているので

相手プレーヤーからみると

かなり高いところにあるように

みえるかもしれません。

 

先程のお二人のプレーヤーの

テイクバックが完了した時の

手首の位置が腰の位置だったので

私より20センチ以上低い位置に

手首がセットされていました。

 

手首を低いところにセットすると

確実に縦回転のボールが打てますし

ショット自体は安定するかもしれません。

テイクバックから打球するまでの距離が半分になりますので。

 

しかし、力強いボールをうつことは

不可能です。

 

先程のアマチュアの男性の

方のボールはそれなりのスピードが

でていました。

ということは、力で

ふっているということになります。

テイクバックからの助走距離が短いのに

速いボールをなんとかうっているということは

力でカバーしているということに

なります。

肘、肩、手首、肩どこかに

故障があるか、今後壊す可能性があります。

また、女子プロ選手のボールは

やはり推進力がありませんでした。

しっかり芯でとらえて

コーナーに放っているので

試合は成立しますが、もったいないです。

 

過去に手首の位置が腰の位置に

あった名プレヤーとしては

伊達選手ですね。

伊達選手はライジングの

手法で強打できるので

失速することなく

手首の位置にかかわらず強打できていました。

 

しかしながら伊達選手のライジングの

技術は、ライジング自体が難しいのではなく

ライジングになるように打球できる

ポジション取りがすごいとおもっています。

 

ボールの飛んでくる予測能力が

ものすごくアマチュアには無理です。

 

また伊達選手も高いボールは苦手だと

お見受けします。

高く弾んでくるボールは苦労されてました。

高く弾む前にライジングで処理する。

これが伊達選手のプレースタイルです。でした。。

 

現代の男性プレーヤーの中で

同じプレースタイルの選手が

上位をとれないことが

物語っています。

 

どうしても女子プロ選手同士の場合

ボールが男性プレーヤーに比べて低いです。

低いボールしか飛んでこないのであれば

手首の位置は腰の位置にセットしていいかもしれません。

 

そして、手首のセットする位置を上にするのには

まだ大事な理由があります。

 

手首の位置が肩より少し下くらいまで

上がるとバランスを取るために

反対側の左手も上がり、

左肩が結果的に上がります。

前からボールが来るので左肩は右肩に

くらべて少し下がります。

左右の肩の高さの違い、アンバランスが反転始動する時の加速を生みます。右肩を下げようとする力を使います

このアンバランスを生ずることで

テイクバック完了時の反転始動の加速に

活かすことができるのです。

また、この状態は左肩越しにボールをみることのできる

理想的な形となります。

 

ボールを左肩越しにみることで、体の開きが抑えられます。

 

左肩越しにみることで体の開きをさいしょから

抑制することができます。

両方とも上がることは無いと思います。

バランスが悪いので。

この左肩が少し下がることで

「肩が入る」といっておりますが

左肩がしっかりはいることで

左側に壁をしっかりつくることができるように

なります。

 

左肩がはいらないと

支点となるべきところが

なくなるためなかなか

力強いスイングをすることが

できません。

左肩を円の中心として右肩を絞るようにして

半円を描くようにスイングすることができるように

なります。

左肩がはいらないことで

円の中心が定まらず

体の開きが早すぎたり

右半身が回ってきた時に

中心がないために

力が入りにくくなります。

 

丁度コンパスの中心の針の先が

しっかりささった状態で円を

描けるか、

其の反対に円の中心が固くてしっかり刺さらず

ぐらぐら不安定な状態で

円をえがいてしまうのかの違いと同様です。

 

以前の投稿で↓

よくある女子プロ選手の間違ったスイング 完全論破編

振り子の原理を書きました。

中心となる支柱が体で

左右に動く振り子が腕としてイメージすると

高いところからスタートした

振り子は同じ高さに戻ろうとします。

 

低いところにセットした手首、腕を

高いところでフィニッシュするのには

大きな力が必要となりますが

 

もともと高いところにセットしていたので

あればもとの高さにもどるだけなので

力は必要ありません。

 

正確にいうなら肩付近の高さにあった

手が、肩の高さまで戻るのはいたって自然な

動きだからです。

 

ということはテイクバックは

高いところから下を通って

また高いところに戻っていくことで

とても力強いスイングが

可能になるのです。

また、あらかじめ手首の位置を下、腰高くらいに

セットしたものを肩位置まで振り上げる時に

体が開きやすくなることも指摘しておきたいと

思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました