新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

アンモナイト打法⑨顔は残すもの??

スポンサーリンク
テニス

本日もフォアハンドの話ですが、

フェデラーは顔を残すので有名ですよね。

テニス好きのみなさんなら、顔を残している写真、一度は見たことがあると思います。

先日、有名プロが、youtubeで顔を残してるか検証していました。

はっきり言います。

顔を残そうとすると、ヘッドは走りません。

顔を残そうとされるあまり、画像ではヘッドが走っていないように見えました。

私には、顔を残そうとするあまり、ヘッドの走りに急ブレーキがかかってしまっているようにみえました。

アンモナイト打法は顔が完璧に残ります。

勝手に残ってしまいます。

正しくは、顔を残そうとするのではなく、勝手に残るんです。

勝手に残っちゃうのがアンモナイト打法であり、無敵のフォアハンドなんです。

顔が残っているか確認のために、「強」の面を口に咥えてカメラに向けてスイングします

写真はマンブリしています。

スローは創作してしまうので、私はできるだけ使いたくありません。

「強」カメラむいてますよね。笑

ラケットが始動して来てますが「強」向いたまま

「強」まだ向いてます。

いずれ言及致しますが、ワイパースイングが入っているのもご確認しておいてくださいませ。

アンモナイト打法版のワイパースイングです。

今回は紙面の都合上言及できませんが。

まだ「強」カメラに向いてます。顔、口の向きが変わっていないことを証明しています。

わかりにくいかもしれませんが、まだ「強」カメラの方を向いてます。

もっとわかりにくいですが、「強」カメラ向いてます。

この姿勢で終わることができていれば体重がボールに乗ったことわかりますね。

結局ラケットの振り出しから振り終わりまで、

口に加えていたペットボトルに印字された「強」はずっとカメラにむいてました。

以上の検証により、顔は完璧に残っていることがお分かりいただけたと思います。

顔が残るということは、

テイクバックから溜まっていたエネルギーを全てボールに乗っける、

ぶつけることができると言うことになります。

体重がのる、そして、伸び上がらないのでヘッドだけがビュンと走ることになります。

もっというとアンモナイト打法は、僅かですが、頭が打球方向にさらに沈み込みます。

浮き上がること、伸び上がることはありません。

昨日のハンドファーストと合わせると、

頭が勝手に残るので体重乗りまくりのヘッド走りまくりの状況を作り出します。

爆烈フォアハンドにならない理由がありません。

まとめると、伸び上がる、左肩にフォロースルーを持って行くスイングで顔を残そうとするとヘッドが走らなくなります。

アンモナイト打法は頭はかえって沈みこむことで、上から下へのダウンフォースがはたらき、

ラケットヘッドは下から上に上がってきているので、

真逆の力が打球時にぶつかるため、

ラケットヘッドだけがビュンとさらに加速します。

自動車に乗っていて、急ブレーキがかかったら体だけ、慣性の法則で前にもっていかれますよね。

この場合、急ブレーキは、頭。体はラケットヘッドの関係です。

頭は残すものではなく、結果的に残ってしまうものなんです。

頭、顔残せると、最後の最後までボールを見ていられますのでミスヒットしにくくなります。

速球に強く、ガシャルリスクが減ります。

従来の左肩にもって行くスイングでは、

顔の位置がブレるのでガシャルリスクがアンモナイト打法より高くなります。

今のところアンモナイト打法に死角はありません。

みなさんは肘がどうなるのか心配かもしれません。

それもさらに自然の動きで肘にかかる負担は回避できています。

ヒントは大きな円から小さな円です。

今のところ死角はないようです。

よって今後一番大事なフォロースルーをご案内します。

アンモナイト打法の代名詞にもなっているところなので是非ご覧ください。

マンブリしてケガしないスイングなんてあるのでしょうか。

アンモナイト打法は女性に優しく、ケガとは無縁のスイングだと私は考えています。

スピンを打ってみたい女性プレーヤーにも是非参考になれば幸いです。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました