新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

そのボレー×2、試合で必要ですか?

スポンサーリンク
テニス

ショートラリーが終わって、

ボレーボレーの練習に移行すると思います。

みなさん気持ちよくボレーの練習をされておりますし、

ラリー以上にボレー職人みたいな方一杯いらっしゃいます。

結構上手です。

というか、ラリーでボールが暴れてた人も、

ボレーでボールが暴れるなんてないですよね。

軽めのステップ踏んで、

試合前のアップするには丁度いい時間だと思います。

ここで少し立ち止まって頂きたいのは

そのボレーボレー、

試合で使う機会ありますでしょうか。

と言うことです。

何を言ってるかというと

至近距離すぎませんか。

人によっては

サービスボックスの真ん中より、

さらにネット側でボレーポジションにいます。

結構多いです。

そこでボレーすることはまずありません。

そこでとれるのは、チャンスボールだけで、

普通ミスしないポジションです。

ネットに近づけば近づくほど、ボールは高くなります。

そのポジションは、

相手のバランスを崩して、

チャンスボールを決める時に

初めて許されるポジションですよね。

だから、ボレーボレーでアップ程度でなく、

本来の練習をされたいなら

サービスボックスから出て練習すべきなんです

私はサービスボックスからさらに30センチ

から1m下がったところにたちます。

テニスオフとかに行くと、

お相手の方は嫌がります。

ロングボレーをせざるをえなくなりますから。

特にシングルスだと、

ファーストボレーは、

左右にケアしながら、

ベースラインと、サービスボックスの間でボレーするのがほとんどだと思います。

ダブルスでも、セカンドの場合、

ロブのケアと、左右のアレーにケアするなら

サービスラインギリギリにいることが普通です。

だから、練習でサービスボックスの中にどっぷり入ってボレーしている方をみると

実力がわかってしまいます。

ボレーは短いショットと言う思い込みはすてて、

ロングボレー前提のコース狙いと言う方が、

より実践向きです。

ボレー編で度々申し上げましたが、

ボレーはパンチショットするものではなく、

ボールをしっかり乗せて、運ぶと言う意識が必要です。

だから

サービスボックスの真ん中にどっぷり浸かってボレーボレーはあまりおすすめしません。

ロングボレーの練習をすべきです。

後日ロングボレーで白帯ギリギリを通過させる極意をアップさせて頂きます。

本日もありがとうございました。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました