新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

押してこないボールをミスってませんか?

スポンサーリンク
未分類

中級プレーヤーの皆さんでありがちな

ミスの一つとして

ただストロークで返せばいいボールを

打ちすぎてラインアウトしたり

ネットしたりしてませんか?

よく見かけます。

 

相手からのボールは大きく分けて2種類

あると思います。

1.トップスピンでぐいぐいせまってくるボール
2.滑ってこないスライス系のボールだったり、相手が苦し紛れにボレーしたすべってこないボールなど
1.の 方の打球ミスはしかたないかもしれません。
でも、2での打球ミスはさけたいところです。
うち頃のゆるい腰高くらいの
スピンもかかっていないボール
打感は軽いボール
ミスショットしてませんか?
こういうボール普通にフラットでうったら
ラインアウトしてしまいますよ!!
こういうミスショットものすごい多いです。
あまりにももったいないです。
でもこういうときに確実に追い込めるボールを打つには
技術が必要なんです!!
ゆるい球を返球するときに、確実に相手コートに収めるにはトップスピンが必要です。
ネット際にぽとりとおちたボールを
相手コートに叩き込むのにフラットで
うたないですよね。
アウトするから。。
必ずトップスピンかけますよね。
上げて落とす。。
それと同じで、推進力のないおしてこない
ボールをフラットで打ち込むと
ラインアウトする可能性たかくなります。
実はこのことをご存じないプレーヤー
の方が多いです。
ではなぜ今までフラットで叩き込んで
コートにいれられていたのか。。。
力ないボールをフラットで相手コートへ叩き込もうとすると、ボールを押しすぎてしまうんです!
だから、アウトしてしまうんです。
ある程度推進力のあるボールがきてたから
ラケットが押される分
ラケットでボールを押しすぎることがなく
相手コートにしっかり収めることが
できます。
ラケットが飛びすぎると言われて久しいですが
まだ、フラットで結構打球される方が
多いですよね。
そんな方はゆるい球を打つ時だけは気をつけたほうがいいです。
ラインアウトしない工夫が必要です。
このように推進力がないゆるい
うち頃のボールをネットしたり、アウトしてしまうと
本当にもったいないです。
中級くらいの方だと、結構ミスってしまうかた
おおいのではないでしょうか。。。
こういった推進力のないボールを
打球するには
おわかりの通り
ボールを上げて落とす技術が
あれば確実にできますし、
ボールの深さがでれば、
相手を追い込めます。
ゆるい推進力の無いボールは、トップスピンでうつことでスピードも、収まりもよいです。
最悪トップスピンがかかりすぎても
確実にネットはこえますし、
相手コートで推進力があるので
叩き込まれることはすくなくなります。
まれにスピンがかかりすぎて
浅くなることがありますが。
打球した後の体制を
整えることである程度
カバーできるのではないでしょうか。
通常、上級プレーヤーであれば
こういったボールはチャンスボールなので
そのままコースに叩き込んでフィニッシュ
ではないでしょうか。
トップスピンが打てない。
打てるようにこのサイトで
どんどん公開していっております。
トップスピンは現代のテニスでは
必須の技術です。
ラケットが飛びすぎる分、
ネット上、高いところを安全に通して
ベースライン手前で急激に落とす技術です。
フラットでのスイングでは
ある意味自然に落ちるのを
待つ形です。
意識的にコントロールして
落とすのか
自然におちるのか
どちらが確実性が高いのかは
おわかりかと思います。
ゆるいボールは
チャンスボールでもあると同時に
罠でもあります。
チャンスボールだと
おもってたたきにいったら
ベースラインをオーバー
するなんて上級者同士の
試合でも結構あります。
あと、トップスピンで打てると
跳ね上がりが大きいので
相手は返しづらくなります。
中級くらいのオフに参加させていただくと
ボールを腰高より
低いところで
打球できるので
気持ちよくスイングできます。
JOPを転戦している友人たちと
ラリーするときと明らかにちがうのは
打ち込まれてくボールの高さです。
JOPを転戦しているプレーヤーのボールは
常に顔の高さ以上です。
腰高以下の高さに来るときは
叩き込まれる時くらいです。
どのプレーヤーも
きれいなトップスピンが
かかっています。
ちなみにそういった友人たちと
プレーすると高いボールも
慣れもあり、綺麗に返球できるようになります。
また、それは後日アップさせていただきます。
これをご覧の皆さんの多くは
高いボールより低いボールの方が
打ちやすいのではないかと思います。
私も高いボールは得意ですが
気持ちよく打てるのは腰高未満のほうが
楽に打てます。
トップスピンは安全なショットでありながら、攻めの基本のショットです。
中級から中上級に行くためには
トップスピンが打てるかどうかに
かかっています。
(トップスピンとドライブショットは
全く違いますのでご留意ください。)
トップスピンが打てるように
なるとラケットを思いっきり
振れるようになります。
いままで怖くてフルスイング
したことがなかったという方が
いっぱいいました。
せっかくテニスやるなら思いっきり振りましょう。
ホームランがコワいからと言って
ゆるい球を恐る恐る相手コートに
入れるのはここのサイトで是非卒業して
いただければ幸いです。
ありがとうございました。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました