新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

ラリーが苦手なのバレてませんか?エビのような姿勢になってます。

スポンサーリンク
テニス

試合でラリー勝負になった時に、だんだん姿勢がエビのように視線がおちて、腰が引けて打ってしまう方がいます。女子のプロに意外と多いのが特徴的です。姿勢が落ちるとラリー勝負には勝てません。

シングルスでもそうですが

特にダブルスで

前衛ほったらかしにして

後衛同士のラリー勝負に

なることがありますよね。

ラリー勝負を挑まれたら

絶対に負けてはいけません。

後を引きます。。

 

私は絶対に負けません。

ラリー勝負を挑まれて

一度たりとも

負けたことがありません。

Neverです。

プロとはやったことがないので

プロとの勝負は未知数ですが。。

定年を迎えたときの楽しみにに

残しておきたいと思います。

そんなかんなでストローク勝負

で圧倒するため

相手は二度とラリー勝負に

挑んでこなくなります。

対戦相手のプライドはずたずたです。

 

アンモナイト打法を強くオススメします

アンモナイトスイングは難しいのか? 神主打法的アプローチ

アンモナイト打法③更なるイメージへ

上着が膨らんで上に向いているように

見えますがふわっとしているだけで

ズボンの位置をみていたければおわかりになると思いますが

姿勢は真っ直ぐです。

服でそう見えるだけです。

本日はアンモナイト打法の話ではありません。笑。

女子プロの選手のダブルスを

みていていつも目につくことがあります。

気になって気になって仕方がありません。

 

後衛同士のラリー勝負になった時

ラリーをしている最中に

どんどん姿勢が低くなってしまう

プレーヤーが結構います。

プロでもです。

最後にはエビのように腰が

低くなって打球している

女子プロ多いです。

 

エビのように背中が丸くなって

腰が引けて打球するようになると

すでに勝負ありです。

勝てません。

 

ストロークが苦手意識

持っていることがばれてしまっています。

 

腰を落とすことで

よくボールを見よう

ラリーについていこうと言う

意識が働き過ぎてしまっています。

ラリーを支配できていません。

 

腰がエビのように腰が

引けてしまうと

ボールが持ち上げられなくなります。

特に女子プロのボールは

男性に比べれば弾道が低いです。

高くて腰高くらいです。

フラット系が多いからでしょう。

 

低いボール、腰高のボールを

エビのような姿勢で打球すると

ネットにかかる確率が高くなりますし

力強くスイングできないので

相手コートに入ったとしても

打球に勢いがないので

踏み込まれて次で

叩かれてしまいます。

 

ラリーが始まって最初の2往復くらいまでは

立って打球していますが

だんだん双方が慣れ始めて

ボールが深くなってくるにつれ

姿勢がエビのように腰が引けてきてしまっています。

 

ストロークは姿勢が起き上がっていなければならない。姿勢を起こしていなければならない。

ストロークに苦手意識があると

腰が引けてきて

エビのようになってしまいます。

姿勢が低いとヘッドが走りません。

よくある女子プロ選手の間違ったスイング 完全論破編

以前書いているので参考になれば。。

打球するときは体を起こしていなければなりません。

低いボールを打つ時に腰おとすではないか?????

すでにラケットは下から反り上げるために

地面すれすれを通過しているのですから

高いボールを打つ時よりは

流石に膝を少し曲げますが

ほとんど腰落ちないです。

ラケットはそもそもかなり低いところを

もともと通過している。

たまに、打球する前に地面

叩いてしまうことがあるくらい

低いところをもともと

通過しています。

だから、低いボールだからといって

エビのような姿勢になることは

ありえません。。

 

アンモナイト打法は

打球する時の姿勢は

とても綺麗です。

背筋ピーンです。

剣道する時の姿勢と同じです。

体がおきていて綺麗だと

よく言われます。

元全日本ランカーに。。

低い球であろうが

高い球であろうが

姿勢は変わりません。

 

youtubeでの

レッスン動画を

上げておられるコーチの中に

打球するポジションに入る時に

ネコ背になってしまっている

コーチが散見されます。

中年のコーチに多いですが。。

 

間違いです。

力強いボールを打つことができません。

ヘッドがはしらなくなります。

 

コートには入りますが

相手側に恐怖を与えるような

ボールは飛んでいません。。

 

猫背になっているコーチの特徴

従来のスイング、

膝の曲げ伸ばし、

体の持ち上げでで

ボールを飛ばそうとしている。

 

ヘッドが走っていないです。

そして、私からみれば

手打ちです。

 

コーチをやっておられるくらいですから

よもやご自身が手打ちになってしまっっているとは

思いも寄らないと思いますが

私からみれば手打ちです。

 

そして、体の上下動が大きすぎて

速い球に対応できないことは

容易に推測できます。

 

姿勢はピーンです。

ほんのほんのほんの(強調します。)わずかな

膝の曲げ伸ばしだけで

ボールと頭の位置は

常に一定に保つことで

どんなボールでも

絶対的に安定したボールを

供給しつづけることができます。

 

間違っても、猫背になってしまったり

エビのように腰がひけてしまうような

ポジションにはならないように

ご注意ください。

 

ストロークが弱いのが

簡単にばれてしまいます。

 

ありがとございました。。

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました