新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク
日本最大級のアウトドアレジャー予約サイト。
親子のお出かけにぴったりのツアーを紹介する
 「SOTOASOBI(そとあそび )」です。
スポンサーリンク

ボレー編①

スポンサーリンク
テニス

フォアハンド編まだまだこれからという感じですが、

一息ついて、ボレーについての記載です。

ボレーをする際、コーチから、

ラケット振りすぎだとか、

ラケットもう少し振ってとか

結局どっちやねんって頭の中、クエスチョンだらけでレッスン終わってしまうことありますよね。

振ったり、振らなかったり。。。

振るか振らないかで議論するからおかしくなるのではないかとおもっています。

ボールをどこに返球するか、どこに落とそうとしているのか、回転はかけて落とすか、回転かけないで落とすのか。

まずは、ボールの最終目的地をしっかり定めることが先だと思います。

例えば、ネットにでて、足元にゆるいボールをおとされたら、しっかりラケットにのせて、

ボールをベースライン付近までボールを「送る」という意識が必要です。

「乗せて」「送る」をはたからみて、振っているように見えるのではないでしょうか。。

逆にラケットがはじき飛ばされるくらい、ふみこまれて打ち込まれてきたら、

ボレーする時にはラケットが持って行かれないように、

しっかりブロックすることしかできないでしょう。

この時は、白帯とベースらいんの距離間、空間のどこを通すか瞬時に判断し、

面作りだけでベースライン上に持って行きます。

逆に勢いがあるので飛んでいってくれます。

早い球を振ることなんかできないですよね。

このことかラケット振らないように見えるだけではないでしょうか。

ラケットを振るか振らないかを議論するかはあまり大事ではないように思います。

どこにどういうボールを打ち込むか、どういう風に返すかから考えることありきに私はしてます。

ありがとうございました。

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました