新しいブログを開設しました。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

ロブをロブ返ししない理由!

スポンサーリンク
テニス

ベースライン付近から

ベースラインギリギリに

ロブを打たれた時

ロブで返しますか?

女子のプロ同士の試合でも

ロブ返しをよく見ます。

3往復くらいして

どちらかが勝負かける。

大体勝負かけに行った方が

次の次でミスる。

大体こんな感じと相場が決まってます。

勝負させられているだけです。

勝負に出た方がリスクをとるのだから

リスクが高くなるのは当然の結論です。

では黙ってみてる、

黙って返す。。

正攻法です。

ただひたすらロブ返ししていれば

相手が自滅します。

だって相手がリスクをとってロブを

始めたんだから

リスクが高いのは相手の方です。笑。

とまあ、なかなかこんな風にいくとは

限りませんが、

前にも書かせて頂いた通り、

売られた喧嘩は

買わなければなりませんし、

売られた喧嘩は

必ず勝たなければなりません。

売られた喧嘩に負けた瞬間

流れを一気に持って行かれます。

相手がスライスをまさに自分の目の前に打

ってきた。。

まさに売られてますよ!

ダブルスで前衛抜きに

うちごろのフォアハンドを

打ってきた。

喧嘩売られてます!笑。

売られた喧嘩を

いきなりネットする、アウトする

その試合勝つことは奇跡でしょう。

勝負を挑んでくる方は

余裕がある、

格下だと思うから

丁度いいうちごろのところに

ボールを送ってくるんです。

テニスってホント楽しいですよね。。。

大事なポイントでアウトするか

アウトしないかは

人智を超えた何かが働いている

としか例えようがないですよね、笑

さて、前置きが長くなってしまいました

挑まれた喧嘩に負けてはいけないなんて

ことを書きたいのではありせん。

挑まれた喧嘩は圧勝しなければなりません。

それも必ずです。

話を戻すと

ロブを打たれて、

ロブで返す、

私には理解不能です。

ありえないとまでいいます。

ロブ返しするのは

決めてを欠いているだけです。

youtuber が

シコラーに

苦戦している。。

動画よく見ます。

秒殺してほしいです。

苦戦するのは、決め手がなさ過ぎる

からです。

高いボール苦手なんでしょうか。

youtuberくらい、

自分の腕に自信があるんだったら

高いボールくらい苦手にしないで

ほしいです。

アンモナイト打法は

高い球に

めっぽう強いです。

大円で溜め込んできたエネルギーを

小さな円に全部のっける。

これがアンモナイト打法ですが、

腰高、膝高のボールに強いのは当たり前で

すが、高いボールに真価を発揮します。

高いボール苦手な方多いですよね。

上級クラスでも、高いボールは

繋ぎ程度の返球しかできないプレーヤー

が多いです。

高いボールが苦手なのは

きちんと打ち方を教えられてこなかった

からです。

プロのコーチですら

高いボールは腰高、膝高のスイングの

延長で打てると思っているきらいが

あります。

はっきりいいます!

腰高、膝高で打球する

スイングと、胸の高さ以上の高い

ボールをうつのは

スイングそのものが違います。

繋ぎ程度のボールでいいなら

無視してくださって結構です。

初級編はこちらです。

やり直しテニス②高い球苦手?ですか。

ここでは、超上級編になりますが、

高いボール、

ネットより高いボールは

アンモナイト打法では

全てスマッシュします。

だから相手は

高いボールを打たないようになります。

ネットより高いボールは全て

チャンスボールでしかありません。

だから、

ロブを打たれてロブで返すのは

あり得ないことになります。

売られた喧嘩は

買う前にたたき潰してしまいます。

二度と打ってくることはないくらい

強烈です。

イメージとしては、

80%くらいで打つ1stサーブに近いです。

しかもサービスボックスに入れる必要も

ありません。笑。

ではアンモナイト打法の画像編です。

わかりにくかったかもしれません。

高い球は振り下ろします。

後日別角度からもアップさせて頂きます。

5枚目くらいの写真が打球している

イメージ写真です。

打ち下ろすスイングです。

4枚目の写真を見て頂くと

面の開きがかなり少なく

なっていることがわかると思います。

面を開いた状態で打球し、ラケットの面に

載せる時間を長くとり、

フォロースルーも長く取れるように打球

しています。

実際には打球してませんが。笑。

このスイングで振るとお気づきの方が

いらっしゃるかも知れませんが、

スライスサーブとは逆の

リバースて 回転がかかります。

なのでたたきつけているのに

相手側でははねません。

滑っていきます。

また、右利きプレーヤーなら、

バウンド後に体に食い込んでいくように

グイッと曲がります。

サウスポーなら芯を外してくれること

でしょう。

今のところこのスイングをしている方を

みたことがありません。

発明したかな?笑。

アンモナイト打法だからできるスイング

です。

従来の左肩にフォロースルーするスイング

ではこんなに綺麗に打球できないはず

です。

アンモナイト打法を無敵と言う理由が

おわかりいただけたら幸いです。

アンモナイト打法に否定的な方も、

高いボールは、スイングが違うという

視点を持つと高い球は打ちやすくなると

思います。

本日もありがとうございました。

良いテニス生活をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

中級クラスに行くと

高いボールを苦手に

されている方をよくお見受けします。

上級クラスに行っても

意外とただ繋ぐだけという

打ち方をされている方が

多いのではないでしょうか。

女子プロ同士の試合でも

 

 

 

 

Was this post helpful?

コメント

タイトルとURLをコピーしました